顔の赤みについてのスキンケア方法|赤ら顔を治す化粧水はどれ?

私は25歳、女性です。
物心ついた時には顔の赤みが強い状態だったので、長いこと赤みに悩まされていましたがスキンケアや生活習慣を変えることで少しずつ改善されてきました。

赤みはなぜできるのか、ご存知でしょうか?
様々な原因があるのですが、毛細血管が透けてしまったり血流が多くなることで現れる赤ら顔、紫外線や花粉による刺激を受けて乾燥に繋がることで出てくる赤み、食生活が乱れることでおこる肌荒れ、便通が悪くなることでニキビや吹き出物など様々なものが考えられます。
https://jcmi2017.jp

赤みが出る原因は様々ですが、そもそも健康な肌とはどのような状態でしょうか?
いい肌の状態というのは、皮膚は4つの層でできているのですが1番表面にある角質層といわれる部分の水分と油分のバランスがいい状態でハリがあり、キメが整っている状態です。

この水分と油分のバランスが崩れてしまうとキメが崩れてしまいます。

これの崩れてしまう原因として紫外線や花粉などの刺激や、食生活の乱れ、睡眠不足などが原因と言われています。

バランスが崩れてしまうことで肌の抵抗力が無くなってしまい肌荒れにつながるので、スキンケアや、生活を見直して、肌の水分と油分のバランスが崩れないようにすることが赤ら顔を治すための一番の近道です。

スキンケア面での具体的な予防策としては保湿をしっかりすることです。

化粧水も様々なタイプのものがあると思いますが、高保湿のものを選ぶのがベストです。

また、さっぱりしているものはアルコールが入っていることが多く、それによってヒリついてしまうこともあるので、その辺りは成分表をよく見たりできるのであればパッチテストをしてからの方がいいでしょう。

高保湿のもので顔の赤み改善にオススメの化粧水をご紹介します。

・ウルウ ¥5,100(税抜き)
オールインワンタイプの赤ら顔用の化粧水です。
これ1本で化粧水、導入液、ふき取り化粧水、乳液、美容液が完了するという優れものです。

赤みを抑えるアンボラエキスや、5種類のセラミドが入ることで皮膚に厚みを出せる効果が他のものより期待できそうです。

また、1本で済むことで皮膚に触れる回数も減らせるため、摩擦による負担がなく工程が少ない分、優しくスキンケアできます。

・Curel 化粧水III とてもしっとり ¥1,800(税抜き)
セラミドケアで有名で、市販で販売しているものでオススメのCurelです。

お店で買えることは、いつでも買えるということで個人的にいいなと思っています。

様々なラインナップがある中で、一番保湿力が高いものがこちらですがその時の皮膚の状態を見てラインナップを変えてもいいかと思います。

こちらは保湿力が高いことに加え、アラントインという消炎効果の高い成分が入っているため乾燥を防ぎ、炎症している部分、例えばニキビなどの炎症を抑える効果が期待できます。

・無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ 200ml ¥690(税込)
ご紹介した中でも一番求めやすい価格のこちらの化粧水。
無印良品の化粧水は成分のほとんどが水です。

岩手県釜石市の天然水を使用し、なおかつアルコールもフリーです。

敏感肌向けに作られているからか、とてもこだわりを感じます。

こちらもラインナップは様々ありますし、テスターが店頭にあるため試しやすいのは嬉しいポイント。

また、サイズも様々あることや、見た目のシンプルさを考えても年齢性別問わず購入しやすいと思います。

また、生活面での具体的な予防として食生活の見直しが一番かなと思います。
これは私自身の体験談で、体が1番成長したのが小学校中学年ぐらいの頃だったのですが食欲がすごく、普通の食事に加えてカップラーメンなども食べてしまい圧倒的にカロリーの摂りすぎだったので、ニキビがとてもすごかったことを今でも覚えています。

栄養のバランス的にも野菜が少なかったため、そのような状況だったのかと思いますが、気付いてからは普通の食事量にすることと、野菜を取り入れることを意識することで自然と元に戻りました。

また、水分をたくさん摂り、トイレに行く回数を増やすことで代謝も良くなり気になっていた乾燥もほとんどなくなったので、口から摂取するものの大切さをそこで知ることができたと思います。

いくら皮膚が乾燥し、そこに何かを塗ったとしても、食べ物や飲み物で吸収するものには敵わないので、スキンケアに加えて生活面も見直しをかけることで、より早く赤みを消すことができると思います。

私自身、赤ら顔に悩んでしまった時にとても焦り様々なことを試してしまって、失敗した経験もあります。
その時はスキンケアを頑張りすぎて、洗顔の時に一生懸ゴシゴシ洗顔をしたり化粧水もヒリつくものを無理に使ったりしていた時期があります。

今思うととても顔に負担をかけていたなと思います。

その証拠に皮向けと言って常に顔の皮が剥けている状態になっていました。

頑張りすぎても負担をかけてしまうことがあるデリケートな箇所のため早く変わりたい気持ちがある時こそ、優しくてシンプルなスキンケア、見直しをしてみてください。

顔の赤みを消す化粧水はこちら↓
産後の抜け毛・薄毛の悩み体験談

顔の赤みについてのスキンケア方法|赤ら顔を治す化粧水はどれ?